原一探偵事務所の口コミ

原一探偵事務所 口コミ

原一探偵事務所の口コミの信用

原一探偵事務所口コミの信頼性検証報告です。
原一探偵事務所を口コミ情報だけで信頼して良いのか、判断が付かないという方に、客観的な情報や事実を基礎データとして検証しましたので、報告します。
ぜひ、あなたが原一探偵事務所を利用するかどうか、決める為の判断材料として、お使いください。

調査実績で判断する原一探偵事務所の口コミ

原一探偵事務所の口コミの信頼性を裏付けるものとして、原一探偵事務所の調査実績をご紹介します。

 

多くの方は、日頃の生活の中で、探偵とは無縁な生活を送っています。

 

原一探偵事務所への調査依頼を検討する中で、信頼に足りるのか、これまでにどのような実績があるのか気になることでしょう。以下、具体的に見ていきましょう。

 

テレビ局出演歴

原一探偵事務所では、テレビ各局で数多くの調査協力の実績があります。

 

TBSの「徳光和夫の感動再会~逢いたい~」では、35年間も会えなかった父親と子供が再会することに成功しました。

 

テレビ朝日では「奇跡の扉 TVのチカラ」で219日もの追跡後、千葉48歳父殺害の犯人逮捕に至りました。さらに、同番組で半年間失踪していた夫を見つける事にも成功しています。

 

日本テレビの「ニュースプラス1」では下着泥棒を撮影する事に成功。

 

その他、TBS「アッコにおまかせ」、テレビ東京「火曜エンタテイメント」、日本テレビ「バンキシャ」「モクスペ」、テレビ朝日「目撃ドキュン」「これは知ってナイト」など、多数の有名番組に出演、協力をしてきた実績を持っています。

 

個人からの、のべ依頼件数

もちろんテレビ関係だけでなく、個人からの依頼も数多く実績を踏んでいます。

 

この41年間で実に70,000件を超える解決実績を誇っており、テレビ出演の影響も受けつつ、さらに人気が高まってきています。

 

相談料もとられず、365日24時間受け付けしていることも実績数に繋がっているのではないでしょうか。

 

全国に実績をもっているというのも原一探偵事務所の特徴です。

 

原一探偵事務所 公式

都道府県庁のホームページと原一探偵事務所の口コミの信頼性

全国各都道府県は、ネット上にホームページを掲載しています。

 

みなさんも、ご自分が居住している都道府県のホームページを一度はご覧になったことがあるのではないですか。

 

その時、都道府県庁ホームページの片隅にいくつかの企業広告が掲載されていたのを覚えていますか?

 

実は、原一探偵事務所は2015年2月末現在、宮城県と愛媛県庁ホームページに広告が掲載されています。

 

県庁のホームページに広告掲載が許可されるのは、企業として非常に信頼性が高いことの証といえます。

 

当然ですよね。

 

地元の多くの住民がそのページに掲載されている広告を経由して、企業と契約なり、取引をした後で、トラブルが起きたという事になれば、県庁自体の信頼まで損ねてしまうのですから。

 

そのため、事前に厳しい行われます信頼性審査が実施されます。

 

原一探偵事務所は、いくつかの都道府県庁ホームページで、この厳しい審査基準をパスして広告掲載を許されているわけです。

 

これは、原一探偵事務所に悪い噂はないのか、口コミや評判は良いのか、経営状態に問題はないのか等という条件をクリアしている証でしょう。

 

ひとえに、みなさんが抱えている様々な悩み事やトラブルの解決に貢献できる存在であり、これまでも役立ってきたという実績を認められたものだと言えます。

 

具体的には、以下のような点が評価に価したのでしょう。

  • 地方自治体や警察・消防など公的機関だけでは、サポートできない分野での活動
  • 弁護士や行政書士・司法書士などと同じように、県民に身近な存在として、貢献度が高い
  • 原一探偵事務所がこれまでに築き上げた調査実績と信用力
  • これまでに原一探偵事務所を利用した方の口コミや評判

 

しかも、この都道府県庁ホームページに広告掲載が許可されている探偵事務所は、日本全国でも原一探偵事務所ただ一つなんです。

 

この一事をもってしても、原一探偵事務所がネット上で確認することができる口コミや評判のとおりに、日本でも屈指の信頼性を勝ち得ている探偵事務所だということがうかがえます。

世界探偵協会から見る原一探偵事務所口コミの信頼性

原一探偵事務所の口コミの信頼性を裏付けるものとして、原一探偵事務所が信頼性の高い世界探偵協会員だという事実について、解説しましょう。

 

世界探偵協会というちょっと耳慣れない、そして映画にでも登場しそうな団体名称があります。

 

「W.A.D.世界探偵協会」はその名の通り国際的な探偵組織のことです。原一探偵事務所はこの世界探偵協会に加盟しています。

 

以下、世界探偵教会について具体的に説明します。

 

基本的に探偵は秘密裏に動く組織であるため、インターネット上にも世界探偵協会についてあまり情報が公開されていません。

 

似たような名称で活動している団体も発生していますが、正規の世界探偵協会とは無関係の組織となっています。

 

世界探偵協会は、世界の57の国が参加している大きな探偵協会であり、最低でも5年以上の経験が必要で、場合により免許が求められる組織です。

 

W.A.D.とは「WORLD ASSOCIATION OF DETECTIVES,INC.」の略称で、要するに刑事の世界組織ということですが、私立探偵・逃亡者追跡エージェンシー・私立調査員・私立警備員・セキュリティサービスなどの業務を遂行するための免許を合法的に得ているものです。

 

会員資格は非常に得ることが難しく、仮会員資格でさえ経験はもちろん世界探偵協会の資格委員による信用調査や適性の基準を超えなければならず、その後、資格委員からの推薦をもらって入会。確定は理事会によって行われます。

 

ここまできて、やっと現役の会員から資格をもらえるという流れです。

 

各国・各地域の選りすぐられたエージェントだけが加盟することができる組織なのです。

 

このようにして、原一探偵事務所の信頼性については、権威ある世界探偵教会からも認められているのです。

 

原一探偵事務所 浮気調査 公式サイト

原一探偵事務所の口コミの信頼性を探偵業法から確認しましょう

最初に、探偵業法という日本の法律について、確認しておきましょう。

 

ちょっとだけ、難しい話しになります。

 

探偵業法は、好き勝手に探偵業を行うことで個人の権利等の扱いを間違ったりすることがないようにと定められたルールであり、探偵業を行う企業や事務所にとっては必ず守るべき法律です。
以下、探偵業法と探偵業務のかかわりについて具体的に説明します。

 

探偵業法は、平成19年の6月1日に施行された比較的新しい法律です。

 

法律に基づいた探偵業務では、探偵事務所に依頼者が依頼をする際、つまり契約の際には、探偵業者へ依頼書を書面で渡さなければなりません。

 

当然、探偵業者側はこれを受け取る義務があります。探偵業者への依頼内容が、法律に違反していないかを書面で示し、その証拠を残すのがこの行為の意味です。

 

そして探偵社側も依頼者に書面を渡す必要があります。

 

探偵社側が渡すのは、重要事項説明等の書面となります。家などを買うときにも重要事項説明の書面は売り主側が渡す義務が生じますが、それと似たようなものです。どういったリスクがあるのかを書面にして依頼者にわかりやすく示します。

 

これを受けて依頼者が確認し、それでも依頼をしたいということであれば双方の契約が成立するという流れです。

 

探偵業は一歩間違えば逆に犯罪になってしまいかねませんので、探偵業法は必要なルールと言えるでしょう。

 

これは、原一探偵事務所に悪い噂はないのか、口コミや評判は良いのか、経営状態に問題はないのか等という条件をクリアしている証でしょう。

 

さらに、地方自治体や警察・消防など公的機関だけでは、全てをサポートできない分野において、弁護士や行政書士・司法書士などと同様、優良探偵事務所の活動が、県民・国民の身近になって、みなさんが抱えている悩み事やトラブルの解決に貢献できる存在であり、これまでも役立ってきたという実績を認められたものだと言えます。

 

原一探偵事務所 公式

ホーム RSS購読 サイトマップ